ヘルペスは抵抗力が下がると発症する

ヘルペスは口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹など症状や原因が様々で感染力も強いので、なかなか完璧に予防することは難しい病気だと言われています。
口唇ヘルペスに至っては日本人の薬70%~80%の人が感染していると言われてるメジャーな病気です。ヘルペスウイルスを殺す薬はありませんから、ウイルス自体を殺すことはできません。
でも、抗ウイルス薬を使えば、ヘルペスウイルスが増殖するのを防いで、症状を最小限にとどめることが可能です。またヘルペスは潜在しているウイルスなので、活性化して症状となって表れないように気を付けて生活することも大切です。
どんなことに気をつければよいのでしょうか。

抵抗力が下がるとヘルペスは発症する

ヘルペスウイルスは、体の中に潜み、体の抵抗力が下がると発症するという特徴があります。抵抗力は、様々な要因で日々変化して、簡単に低下してしまうものです。
加齢による影響を受けることもありますし、ストレスや疲労、睡眠不足でも抵抗力は下がります。体が疲れている状態は、ヘルペス以外でも色々なウイルスに感染するリスクが高まりますよね。

自分の中に潜在しているヘルペスが症状となって表れるのを防ぐためにも、心身ともに健康でいられるように日々気を付ける必要があります。
ちょっと疲れ気味だったらしっかり休憩をとることや、ストレスを溜めすぎずに適度に発散することなど、自分の体を自分で守れるように努力しましょう。

 

ヘルペスが発症しないように心身ともに健康な状態を保ちましょう

ヘルペスは、心身ともに健康な状態の時にはあまり発症しません。抵抗力が下がり疲れがピークになると症状が表れることが多い病気なので、発症しないように、日々健康でいられるように心がけることがたいせつです。

関連記事一覧

PAGE TOP