いち早くヘルペスを治したい!

ヘルペスになったことがある人は意外と多いと思います。ウイルスによる感染症ですが、珍しい病気ではなく、単純ヘルペスウイルスは、日本人の約7割~8割の人が感染していると言われているくらいなんですよ。
ヘルペスは口の周りにできる口唇ヘルペスが一般的ですよね。これが単純ヘルペスウイルスによるものです。2型になると性器ヘルペス、帯状疱疹なんかもヘルペスの一種です。体のいろいろなところにできるヘルペス。
痛みもともないますから一刻も早く治したいですよね。ヘルペスの原因や代表的な症状、いち早く治すための方法を紹介していきたいと思いますあ。

ヘルペスの原因は様々ウイルスによって異なります

ヘルペスは、何型のウイルスに感染するかによって、症状が出る場所も違いますし、原因も異なります。
まず、口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス一型に感染して起こります。一度感染してしまうと、再発してしまうことが多く、疲れが出たり、免疫力が下がったときなどに症状が出ることが多いのが特徴です。
細胞にウイルスが入り込むと、細胞の中で、子孫を作り出して、他の細胞にどんどん感染してしまう厄介なウイルスです。とても感染力が強いウイルスで、タオルやグラスなどからでも感染します。
感染後すぐに症状が出ない場合も多く、感染源の特定も難しいですが、夫婦や親子などの家族観や恋人同士で感染することが多いです。症状が出ている時期はウイルスがとても多くなっている状態なので、他の人に感染する可能性が高くなります。
人から人へ感染するだけでなく、自分が感染している場合、患部を触った手でそのまま別の皮膚を触ると、感染することもあります。

性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルス2型です。性行為で感染することがほとんどでセックスする相手の性器に性器ヘルペスができていると感染します。

帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスが原因でおこります。抵抗力が下がると、子どものときに感染した水疱瘡のウイルスが活性化して発症します。加齢やストレス、疲れなどで抵抗力が下がると発症する可能性が高くなるので要注意です。
ヘルペスは全部で8種類のウイルスがあると言われているので、症状や原因も様々だということを知っておきましょう。

 

ヘルペスの症状はどんな感じ?

ヘルペスは、どのウイルスに感染するかによって症状が変わります。一番感染する人が多い口唇ヘルペスの場合は、唇や口周りがピリピリしたり違和感を感じることから始まり、かゆみくなったと思ったら赤くはれて痛みを伴うこともあります。
水ぶくれになり、破れてかさぶたができたら治りつつ有る状態です。

性器ヘルペスは、性器や周辺にあかいぶつぶつができたり水ぶくれができるのが特徴です。発熱を伴うこともあるようです。最初はかゆみからで、水ぶくれがつぶれた後は、敏感な部位だけに痛みを強く感じます。

帯状疱疹は帯状に発疹や水ぶくれが出ます。左右どちらかにできると言われています。ちくちくと痛み、一週間から10日程度痛みは続きます。

 

どうやったら治るの?

ヘルペスは、とにかく早い時期に治療することが早く治すためのポイントです。抗ウイルス薬を利用してウイルスが増殖するのを防ぐことで、痛みを最小限に抑えます。市販品もありますが、病院で薬を処方してもらうことをお勧めします。飲み薬と塗り薬があります。
ウイルス自体を殺す薬はないので、とにかく増殖するのを抑えることが大切なのです。また自分自身でほかの部位に感染を増やしてしまわないように注意しましょう。

 

ヘルペスは触らないのが鉄則

ヘルペスを直したいなら触らずに、ウイルスの増殖を防ぐことが鉄則です。どんな病気なのかをしっかり知っておけば正しい対処ができますよね。

関連記事一覧

PAGE TOP