感染力の高い口唇ヘルペスってどんな病気?

ヘルペスって、よく聞く病気ですが、性病のイメージが強いですよね。でも、セックス以外でもヘルペスに感染することは多いんですよ。
日本人の7割~8割の人が感染していると言われている口唇ヘルペスについて紹介していきます。

口唇ヘルペスは感染している人が多い

口唇ヘルペスは感染力がとても強く、多くの人が感染している病気です。ウイルスは体の細胞に入りこむと潜伏して、直ぐに症状が出ないことも多いので、ウイルスに感染していることに気付いていない人もたくさんいます。
感染している人のタオルやグラスなどを使っただけでも感染してしまうので、一緒に住んでいる家族や、密着することが多い恋人などが感染している場合は、ウイルスをもらってしまう可能性が非常に高いといえます。

一度感染してしまうと、症状がおさまったとしてもまた抵抗力が下がった時などに、症状が表れることがある厄介な病気です。ヘルペスウイルスの中でも単純ヘルペスウイルス1型が、口唇ヘルペスの原因になっているので、性病というわけではなく誰でも感染してしまうリスクがあるというわけです。

 

口唇ヘルペスは痛いの?

口唇ヘルペスは、症状が出始めたときは、少し口周りがピリピリとするくらいで違和感を感じる程度ですが、だんだん赤くはれてきてい水ぶくれになり、その水ぶくれがつぶれると激しい痛みを伴うことが多いです。
口元にできるということで、気になって触ってしまう人も多いですが、触った手にウイルスがついて、他の体の部位が感染してしまう危険性もあるので、注意が必要です。

 

感染力の強い口唇ヘルペスに注意

口唇ヘルペスはとても感染力が強いので、注意をしていても感染してしまう可能性は高いですが周囲に感染している人がいる場合は、タオルやコップ、カラトリーを分けるなどしてできる限りの予防をしましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP