ヘルペスを最短で治すためには

ヘルペスになってしまったら、とにかくいち早く治したいと思いますよね。ヘルペスを治すためにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

ヘルペスを殺す薬はない

ヘルペスは水ぶくれがつぶれると激しい痛みを伴うので、とにかくすぐに治したいと思うものですが、残念ながらヘルペスウイルスそのものを殺す薬はありません。
ですから、感染を最小限に抑えることが最短で治す方法です。そのためには抗ウイルス薬を使って、ウイルスの増殖を抑える必要があります。

また、自分自身の指などで患部にさわることで他の箇所が感染してしまうこともあるので、ヘルペスができている時には、手を清潔にして、こまめに洗うようにしましょう。
ヘルペスができてしまったら、触らないのが鉄則です。水ぶくれが大きくなる前は、少しかゆみを感じることもありますが、できるだけ触らないでください。
ウイルスそのものを殺す薬がないということは、最短でも一週間くらいは完治するまでにかかるということを知っておきましょう。もちろんずっと痛みのピークが続くわけではなく、徐々に治まってきますから、少しずつ良くなると信じて頑張りましょう。

 

病院で薬を処方してもらうのがおすすめ

ヘルペスの増殖を抑える抗ウイルス薬は市販でも購入できますが、できれば病院できちんと薬を処方してもらうのがおすすめです。早く治したいなら、確実に効果のある薬を使う方が良いに決まっていますよね。

 

ヘルペスを最短で治したいなら、触らずに抗ウイルス薬を使用すること

ヘルペスを最短で治したいなら触らず、抗ウイルス薬を処方してもらうのが一番です。なるべく早く病院を受診してくださいね。
時間に余裕があるなら必ず病院を受診しましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP